子どもの服作りに夢中!時間を忘れるくらいハマってます

1人目は男の子だったけれど、2人目に念願の女の子が生まれました。なぜ、女の子が欲しかったかというと可愛い服がいっぱいあるから。男の子ももちろん可愛いのだけど、服のテイストが限られているというか、いつも同じような感じになってしまいます。その点女の子の服は、フリフリ系からナチュラル、シック、そしてボーイッシュなものまで幅広く揃っています。親バカかもしれませんが、可愛い我が子にそんな素敵な服を着せるといっそう可愛くなって、目尻下がりっぱなし、写真撮りまくりです。ハイハイもしないうちからいろんな服を買っては着せていました。そして、1歳を過ぎた今は娘の服をハンドメイドすることにハマっています。好きな生地を買って、本を選んだ素敵な服を手作りすることで、既製品にはない愛情たっぷりの服ができあがります。理想通りに仕上がるとうれしいし、少しかっこ悪くなっても娘が着るとなぜかキュートに!本当、親バカです。だけど、子ども服を作ることは楽しみであり、ストレス発散にもなっています。